宅配クリーニングとは

宅配クリーニングとは

きもの文化から洋装文化へ、オーダーメイド・高級品からファストファッションへと、日本の衣文化は大きな変遷を遂げてきました。

 

近年では、海外製のファストファッションを筆頭に衣類の低価格化や、洗濯機や洗剤、素材の高機能化などもあり、これまでクリーニング店に出さなければ洗えなかった服が自宅でも洗えるようになるなど、衣類に対する認識も大きく変化しました。

 

そんな時代の背景に押され、一世帯当たりのクリーニング支出額は1992年に1万9243円とピークを迎え、2014年には7,164円にまで減少。なんと63%も縮小し、それに伴いクリーニング店も軒並み姿を消しています。

しかし、実店舗での売上が減少傾向にある中でも、新しいクリーニング依頼の形、多様なサービスの形としてお客様の間で「宅配クリーニング」が注目されています。

宅配クリーニングとは、お客様が電話やホームページ上でクリーニングの依頼をして、宅配便でクリーニング品の受け渡しをするサービスです。

 

 具体的には、ホームページから24時間いつでも申し込むことができて、運送会社の手配をクリーニング店が行ってくれるようなところであれば、お客様はクリーニングに出したいものを梱包して運送会社に渡すだけ、あとは仕上がった品物が届くのを待つだけなので、手間もなく非常に利便性の高いサービスといえます。

「仕事が終わる時間が遅く、営業時間内に持ち込めない」

「子どもが小さくて、なかなかクリーニング屋さんまで行けない」

「近所のクリーニング店には断られたけど、このシミを落としてくれるお店は無いだろうか」

 

といったような悩みを持つお客様を始めとして、多くのお客様の支持を受け、2008年以降宅配クリーニングサービスの提供を開始するクリーニング店が増えてきています。