開業のポイント

宅配クリーニングの取扱商品

【宅配クリーニングの主な取扱商品】

 

現在、多くの宅配クリーニングサービスが個人のホームページ上や、Yahoo!、楽天などのショッピングモールで提供されています。

それらのクリーニング店の扱う商品の代表的なものとして、衣類・布団・特殊品・インテリア用品などがあげられます。

衣類・・・・・・

一括りに衣類と言っても、普段着や仕事着用の比較的に値段も安価で使用頻度の多い洋服と、有名なブランドの高価格帯の洋服では加工内容が異なります。
おもな売り方としては、価格帯が低い洋服は、10着で5,000円といったようなパックでの販売方法が多くみられます。一方
高価格帯の商品には目安の価格はありますが、一点一点見積りをして商品に合った価格を案内する販売方法が一般的です。

また価格帯の違い以外に、染み抜きなどの技術や、クリーニング店独特の加工技術を売りにして他店との差別化を図る店もあります。

布団・・・・・・

ここ数年で、ダイソンやレイコップなどの布団クリーナーが非常に売れ行きを伸ばしていることからも、ダニやほこり除去など、布団の衛生面への関心の高さがうかがえます。

また、PM2.5や花粉・黄砂などで外に布団を干せないといったお悩みをお持ちの方や、布団をクリーニングに出したいけれども、重くてクリーニング店に持ち込むのが面倒といったお客様から支持を多く集めているのが「布団の宅配クリーニング」です。

衣類や布団など季節物の商品の場合、クリーニングと同時に保管のサービスを提供しているお店もあります。

特殊品・・・・・

衣類や布団だけでなく、その他の商品として、着物やウエディングドレス・着ぐるみ・舞台衣装などの特殊品を専門で扱うクリーニング店も増えてきました。

特殊品のため、取扱いも難しい商材ではありますが、単価の高い商品になり得ます。

インテリア・・・

宅配クリーニングの取扱商品として衣料や布団だけでなく、カーペットやカーテン・ソファーカバーなどのインテリア品を受け付けるクリーニング店もあります。

インテリア品も布団と同様で大きいためお店に直接持ち込みにくい商品です。そのため、宅配サービスに利便性を感じるお客様も多く、リピーターを確保しやすい商材といえます。